男性

腎臓病は食生活が影響する病気|食事療法で改善しよう

本気で治すなら食事

男性と女性

原因は薬と心

腎臓は血液の中の老廃物を浄化し、綺麗な血液を体中に循環させる働きをしています。腎臓によって血液中から取り除かれた老廃物は、尿として排出されます。しかし腎臓病になってしまった場合、この血液ろ過機能は正常に機能しません。腎臓病になってしまうとむくみ、血尿、高血圧などの症状が出てきます。現代医学でもとても治しにくい病気です。腎臓の機能が低下してくると、体中に老廃物が溜まってしまいそれにより色々な症状が出てきてしまうのです。腎臓の機能が低下してしまった状態を腎不全といいます。一度腎不全の状態に陥ってしまうと、完治は難しくやがて、人工透析などの継続的な治療が必要な状態になってしまうでしょう。何故、腎臓病になってしまうのか、その原因は食品添加物などにあります。特に最近の食品は塩分量が多いものが多く、分解する腎臓に負担をかけてしまうのです。そのため、腎臓病を防ぐ、また発症具に負担をかけないため、食事療法を行うケースが多いです。

完治させるには

腎臓病は完治がとても難しい病気ですが、正しい食事療法をする事によって、快方に向かいます。どのような事に気を付けて食事をすれば良いのでしょう。まず、内臓に負担をかけないようにしなければいけません。内臓を良くするには、綺麗な血液にビタミン、ミネラルが含まれている事が大切です。食事療法で大切なのは、肉類をやめる事です。他に、脂っこい赤身の魚、貝、卵、果物、芋類などです。このような物は食べないようにします。根菜類や豆類、小魚などを中心に上手く調理して食べるようにしてください。これら食事の配慮を行う食事療法によって、腎機能の改善や悪化の防止につなげることが可能です。