男性

腎臓病は食生活が影響する病気|食事療法で改善しよう

腎臓に良い食事

食事

基本のタンパク質制限

腎臓病と診断された方は食事療法が始まります。医師と相談し、自分の腎臓病の進行度に合った食事療法をしていきます。食事療法の基本はタンパク質の制限です。腎臓はタンパク質を処理して排泄させる役割を持っています。これ以上、腎臓病を悪化させないようにタンパク質の取りすぎに気をつけましょう。タンパク質は肉や魚、卵に多く含まれています。しかし、食材の量を減らすだけだと物足りなく感じますし、なかなか長続きしません。また、栄養バランスも悪くなります。野菜でカサ増ししたり、カレー等の料理に加えると少ないタンパク質でもあまりわからないのでお勧めです。また、これらの料理だと家族と同じメニューも可能なので、楽しく食事をすることができるでしょう。

塩分制限も大切

次に腎臓病の食事療法で注意することは塩分の制限です。塩分を摂りすぎると腎臓に負担がかかります。汁物や漬物には塩分が多いので、できるだけ控えましょう。食べたくなったら、味噌汁は汁を飲まずに具だけ食べましょう。それだけで味噌汁の塩分が約半分になります。また、和食に多く使用するだしですが、市販の粉末だしは塩分が含まれているものが多いです。自分で取るだしは美味しくて減塩にもつながりますが、最初は無理をせずに、市販の粉末だしを比べてみて塩分が少ない方を選ぶだけでも良いでしょう。また、調理方法も工夫しましょう。香味野菜をアクセントにしたり、香辛料を聞かせると味にメリハリがつき、塩分控えめの食事もおいしく食べることができます。