男性

腎臓病は食生活が影響する病気|食事療法で改善しよう

体を守るためにできる

料理

進行を遅らせる

腎臓病を放置しておくと、どんどん悪化していき進行していきます。薬などの治療手段も必要ですが、今ある腎臓の機能を守るためには食事療法が重要になります。腎臓病の食事療法は、たんぱく質を必要以上にとらないことから始めます。肉類だけではなく、野菜などたんぱく質は様々な食品に含まれているので医師の指示に従うことを忘れてはいけません。また、カロリーを減らしすぎてしまうと体内にあるたんぱく質を分解してしまいますので、食事療法を行う意味がなくなります。たんぱく質を抑えつつ、必要なカロリーを摂取することです。また塩分の取りすぎも、腎臓に負担をかけてしまいます。食べるものは、しっかりと選べば問題ないです。腎臓病になっても、機能をすべて失うわけではありません。食事療法をきちんとすれば、悪化を防ぐことができます。

食事を変えることから

食事療法を行う必要があったとしても、好きなものをすべて食べられないわけではありません。腎臓病の状態によっても変わりますが、制限には違いがでてきますので医師に相談してみることから始めればいいです。適切な食事療法ができれば、腎臓病の症状が悪化する可能性を減らすことにつながり、健康状態を維持しやすくなります。食事は様々な工夫をすることができますので、適切な量を守れば様々な料理を食べることも可能です。ただし、食事療法だけやっていればいいわけではありません。定期的に病院に行き、腎臓病の進行具合を確認しておくことです。腎臓病向けの料理の種類は、現在でも増えており様々な味を楽しむことができます。体の負担を減らしつつ、老廃物がたまらないようになるので体調を良くすることにもつながります。